訪問ありがとうございます。ただいまリニューアル中です

まちのミニシアター シネマ・クレール応援団に参加

2020 6/04

わたしの住む地元岡山県に唯一あるミニシアター“シネマ・クレール”
最近はあまり映画館へ足を運べていなかったけど、一時期は月に1・2回は足を運んでいたとても好きな場所。
コロナ禍で飽和状態のクラウドファンディングでこれまでは眺めているだけだったけど、本当になくなってもらっちゃ困るよ、ということで応援団の募集をみて即参加しました。

シネマ・クレール応援団
シネマ・クレール応援団
シネマ・クレール応援団岡山のミニシアター「シネマ・クレール」の存続を応援する市民有志の会です。

今日メールが届き、応援団に名前と、お送りした思い出も掲載してくださっている…うれしい!

目次

わたしのシネマ・クレールの思い出(全文)

岡山県外の映画館へ行ったことがない私にとっては、シネマ・クレールは唯一無二の場所で、映画館というよりライブハウスに行くような気分。本来が出不精なので週に1度しかない休日にシネマ・クレールへ行くのはちょっとした旅でした。シネマ・クレールで見た映画でつまらなかったと思ったことは1度もないのですが、何が印象に残ってるだろうと考えたら余韻がすごかったのは「縞模様のパジャマの少年」「ユキとニナ」「全然大丈夫」….あと「堀川中立売」や「止められるか、俺たちを」の舞台挨拶も思い出に残っています。
シネマ・クレールの建物のコンクリート感、スタッフさんの雰囲気、自動販売機のラインナップ、そして何より上映映画の質、すべてをとってファンです。シネマ・クレールがなかったら、見なかっただろう映画がたくさんあります(なかなか上映時間の時間帯が合わず、地元(倉敷)にもこんな場所があればと何度思ったことか….)普段あまりクラウドファンディング等への参加は消極的ですが、お世話になった場所なので、今回は何かしらで参加したいと思います。ここ数ヶ月自粛モードで映画館に足が運べておらず、見たい映画が溜まってしまい大変です。またお邪魔しますので、ずっとありつづけてほしいです。

上記文を5月20日、Googleフォームにてお送りしました。

いろいろな方のシネマ・クレールでの思い出を読んでジーンとしてました。本当に愛されている場所なんだなあ

クラウドファンディングがはじまるようです

シネマ・クレールさんによるクラウドファンディングが、6月5日(金)の0時スタートで募集開始されることが決まったそうです。心から存続して…と思うので少額になるけれど、参加したいと思います。シネマ・クレール本というのが気になるから参加するなら1万円コースかな?

クラウドファンディングのスタートまで、もう少し。ぜひ、みなさんでシネマ・クレールがこの岡山のまちにこれからもあり続けるために、皆さんや僕にとってかけがえのない場所であるシネマ・クレールが、これからも岡山で暮らす人、新しく来られる方、生まれる子どもたちにとっても、かけがえのない場所としてあるために、力を合わせて応援していきましょう!
どうぞよろしくお願いいたします!!

シネマ・クレール応援団の方からのメールより
あわせて読みたい
ミニシアターを街に残そう!~シネマ・クレール存続プロジェクト~
ミニシアターを街に残そう!~シネマ・クレール存続プロジェクト~“映画を観続け半世紀”の浜田高夫が支配人を務める岡山市のミニシアター「シネマ・クレール」。今までも順風満帆とはいえない日々でしたが、この度のコロナショックには参り...

前野朋哉さんのコメントも…!

しかしみたい映画が溜まってしまって困っています。「音楽」「ミッドサマー」「パラサイト 半地下の家族」「ビッグ・リトル・ファーム」「精神0」…このあたりは映画館で見る予定だったのだけど配信を待つしかないかなァ、映画館に安心して足が運べる日が訪れる日を待っています

目次
目次
閉じる